DSpace About DSpace Software
個性を持った自立的な人間の創造
    
日本語
 

SEIKEI University Repository >
01:紀要(Bulletin) >
10:一般研究報告 >
第50巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10928/1070

Title: 語用論から見た「ほめ発話」効果 : 「アイ・メッセージほめ」と「ユー・メッセージほめ」を中心に
Other Titles: Pragmatic Effects of Complimenting Behavior : Focusing on “I-message Compliments” and “You-message Compliments”
Authors: 甘, 能清
石, 剛
SHI, Gang
GAN, Nengquing
Keywords: ほめ発話
語用論的効果
アイ・メッセージほめ
ユー・メッセージほめ
Issue Date: Jun-2016
Publisher: 成蹊大学
Abstract: 本論文は、外国人日本語学習者における「先生の授業はよかったですね」という「ほめ発話」を例に、文化的視点ではなく、言語的視点から分析を行った。「アイ・メッセージほめ」と「ユー・メッセージほめ」における語用論的効果の相違点を分析した結果、「先生の授業はよかったですね」は定式化された日本語のほめ表現形式の活用であるが、「ユー・メッセージほめ」であるため、「アイ・メッセージほめ」の「いい勉強になりました」などのように改善したほうがより語用論的効果が大きいという結論に至った。
URI: http://hdl.handle.net/10928/1070
Appears in Collections:第50巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
ippankenkyuhoukoku-50-1_1-13.pdf414.54 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback