DSpace About DSpace Software
個性を持った自立的な人間の創造
    
日本語
 

SEIKEI University Repository >
01:紀要(Bulletin) >
14:サステナビリティ教育研究 >
第02号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10928/1322

Title: 「観光のまなざし」論を組み込んだ社会科観光学習 : 小学校第5学年 単元「人気観光地!京都伏見神社の人気の謎を探れ」の場合
Other Titles: Tourism Learning in Social Studies Incorporating the Concepts of “The Tourist Gaze” : A Case Study of the Fifth Grade “Exploring the Mystery of Kyoto Fushimi Shrine as a Popular Tourist Destination”
Authors: 佐藤, 克士
内川, 健
SATO, Katsushi
UCHIKAWA, Takeshi
Keywords: 観光のまなざし
小学校社会科
観光学習
持続可能な社会の形成者
The Tourist Gaze
elementary social studies
tourism studies
sustainable society
Issue Date: 1-Nov-2020
Publisher: 成蹊学園・成蹊大学サステナビリティ教育研究センター
Abstract: 本研究の目的は,ジョン・アーリの「観光のまなざし」論を援用し,小学校社会科第5学年観光学習の授業及び評価問題を開発することである.研究成果は3点挙げられる.第1に,観光研究の成果をもとに,観光産業が注目される背景,特質及び影響について整理するとともに,「観光のまなざし」論を社会科学習に組み込むべき意義について論じたことである.第2に,2020年版小学校社会科教科書における単元「観光業」の特質と課題を整理するとともに,それらの成果をもとに,単元「人気観光地!京都伏見神社の謎を探れ」を開発したことである.第3に,開発した単元プランの有効性について,その効果を検証するための評価問題を開発したことである.
URI: http://hdl.handle.net/10928/1322
Appears in Collections:第02号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
sus-2_14-23.pdf2.14 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback