DSpace About DSpace Software
個性を持った自立的な人間の創造
    
日本語
 

SEIKEI University Repository >
01:紀要(Bulletin) >
04:文学部紀要 >
第47号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10928/216

Title: 恋愛の壁、結婚の壁 : ソーシャル・キャピタルの役割
Other Titles: Barriers of Romance, Barriers of Marriage : Roles of Social Capital
Authors: 小林, 盾
KOBAYASHI, Jun
Keywords: 恋愛
結婚
格差
ソーシャル・キャピタル
社会階層
Issue Date: 18-Mar-2012
Publisher: 成蹊大学文学部学会
Abstract: この論文では、人びとが恋愛をどのようにはじめて、それを結婚にどう結びつけているのかを、ソーシャル・キャピタルの視点から検討する。そうした恋愛の壁と結婚の壁における社会的格差を分析することで、家族形成プロセスを解明し、少子化防止にどのような支援が必要かをかんがえる。そこで、ランダムサンプリング調査によって恋愛経験を計量的に測定した。その結果、恋愛の壁をこえて恋人と交際するのに教育や職業といった社会階層は影響をもたず、恋愛はすべての人に平等にひらかれていた。それよりむしろ、成人前の友人関係、部活動、恋人といったソーシャル・キャピタルがその後の交際人数を増加させた。さらに、交際人数が多ければ、とりわけ1人とでも付きあったことがあれば、結婚の壁を乗りこえるチャンスがふえた。これらの結果は、ソーシャル・キャピタルを蓄積することが、恋愛経験や家族形成に役だつことを示唆する。
URI: http://hdl.handle.net/10928/216
Appears in Collections:第47号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
bungaku-47_157-164.pdf407.03 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - Feedback